サッカーの試合の分析方法を覚える

適切にサッカーの試合を分析できるようになることは、どのパンターも稼ぐために持っているべきスキルです。このスキルはごくわずかな人が生来持っているもので、残念ながら残りの人にはそんなに幸運ではありません。ですが、分析スキルを向上できないというわけではないのです。少し辛抱して、少し練習が必要なだけです。そうすれば、すぐにサッカーのベッティングでプロになれるでしょう。 サッカーの試合の分析方法は? 次のベットで勝てるようになりたいなら、賭けたい次のサッカーの試合の分析方法を知るべきです。適切な分析をすれば、何に、誰に賭けるかということが明確になり、それで勝ち目が上がります。一番小さな要因でも試合の結果に影響を与えることがあるので、次のベットを予測する前に考慮すべきいくつかの不確定要素をご紹介します。 場所 サッカーの試合が開催される場所はとても重要です。2チームのスキルレベルが同じ場合は特にそうです。試合が開催されているスタジアムでの各チームの過去の実績を見つける必要があります。平均として、どちらのチームがそのスタジアムで多く勝っていますか?ホームの試合ですか?アウェイの試合ですか? 平均ではサッカーチームはアウェイよりもホームで試合に多く勝つ傾向にあります。審判もホームチームびいきになる傾向があり、イエローカードやレッドカードのほか、ペナルティやファウルを出す回数が少なめです。 ラインアップ 実際のプレーヤーは、試合の結果に自然に不可欠となります。試合前にラインアップを確認すると、試合がどちらの方向に進むのかをかなり教えてくれます。 一方のチームの防御が他の攻撃側に匹敵していたら?怪我をしているプレーヤーはいますか?主要プレーヤーが試合に出場していない、またはチームメートが互いに入れ替わりましたか? フォーメーションとプレイスタイル 当然、チームのフォーメーションとプレイスタイルも試合結果に影響を与えます。 リバプールの前回のプレミアリーグシーズンを例に挙げると、大抵は4-2-3-1 または4-3-3システムを採用しました。このフォーメーションは、計算された力となっているユルゲン・クロップのシグナチャーのカウンタープレスシタイルとのコンビネーションです。 例えば、このプレイのヘビーアタックスタイルは、4-4-2フォーメーションに対して非常に有効です。そのシステムにも独自の強みと弱みがあります。他よりもすばらしい物を掲げているところがあるので、必ず賭ける前に調べましょう。 大会 大会は過去も今後も考慮する重要要因です。過去の試合は、チームの現在の形について多く語り、将来的にどのようにうまく進めるのかを先取りできます。今後の大会も同様に良い指標となります。