MLBのプレイオフで賭ける時に考慮すべき4つのこと

どのメジャーなプロスポーツでも、ポストシーズンには全く違う雰囲気があります。シーズンは1週間で終わるということを知って必死になるだけではなく、高パフォーマンスの1か月は平凡なシーズンを消すことができるという事実でもあります。 1 – ピッチングと休息 レギュラーシーズンには、ピッチャーは、普通は5日休憩してからマウンドに戻ります。こうすることで、完全にルーチンを回復して、精神的にリセットする時間を得ることができます。プレイオフでは、贅沢な時間や休息は消されてしまいます。どのチームがシリーズで勝つかというフューチャーベットをしているなら、各チームのトップ2~3人のピッチャーを見ることは重要です。レギュラーシーズンでは、ローテーションは5日おきですが、プレイオフでは、3日(場合によっては4日)に短縮されることがよくあります。全体としてローテーションを評価する時にあるチームが有利なことがありますが、プレイオフでは、4番目、5番目の先発ピッチャーはほとんど無関係です。考慮すべき別のピッチング要因は、休息を中心に回ります。従来、他のピッチャーよりも休息が短く済むピッチャーがいます。チームメンバーにそのようなピッチャーが2人いたら、5試合や7試合のゲームシリーズでは大きな長所となり得ます。 2 – ホームランの合計数を見る それぞれのチームで、2桁得点をする高得点の試合を探しているなら、残念ですが、MLBプレイオフでは期待できません。ステロイド時代の後には、ポストシーズンの得点は以前よりも少なくなっています。その理由を推測しなければならないとしたら、スカウト、指標、防御位置が高度になったためであると言えます。 3 – 過去の実績のメモを取る レガシーは、プレイオフでのパフォーマンスによって築かれます。残念ながら、一部の場合には、別の賞賛に値するキャリアでの永遠の印を意味します。ゲームに賭けて、プレーヤーのパフォーマンスで取引する前に、必ず、ポストシーズンの追跡記録を見て満足できるようにしましょう。確実なことがひとつあれば、残念ながらも逆にMLBポストシーズンでレジェンドになる平均的なプレーヤーの無限な例があります。 4 – 経験は大事 若い選手が揃ったチームが初めてプレイオフでホームランを打つ時には興奮します。ですが、以前何度も経験しているベテランが揃ったチームと対戦する場合には、経験豊富なチームの方が有利です。ポストシーズンでプレイすることにはプレッシャーが加わり、若い選手はスランプに陥ったり、最高な状態だったりと、精神的に未熟な所があって、以前よりも若干劣った状態になります。野球ファンであれば、各チームの名簿の実績を考慮することに関して深く立ち入らないかも知れません。ですが、まだここ数年で初めてアクセスするのであれば、名簿をちょっとチェックしてみると良いでしょう。

サッカーの試合の分析方法を覚える

適切にサッカーの試合を分析できるようになることは、どのパンターも稼ぐために持っているべきスキルです。このスキルはごくわずかな人が生来持っているもので、残念ながら残りの人にはそんなに幸運ではありません。ですが、分析スキルを向上できないというわけではないのです。少し辛抱して、少し練習が必要なだけです。そうすれば、すぐにサッカーのベッティングでプロになれるでしょう。 サッカーの試合の分析方法は? 次のベットで勝てるようになりたいなら、賭けたい次のサッカーの試合の分析方法を知るべきです。適切な分析をすれば、何に、誰に賭けるかということが明確になり、それで勝ち目が上がります。一番小さな要因でも試合の結果に影響を与えることがあるので、次のベットを予測する前に考慮すべきいくつかの不確定要素をご紹介します。 場所 サッカーの試合が開催される場所はとても重要です。2チームのスキルレベルが同じ場合は特にそうです。試合が開催されているスタジアムでの各チームの過去の実績を見つける必要があります。平均として、どちらのチームがそのスタジアムで多く勝っていますか?ホームの試合ですか?アウェイの試合ですか? 平均ではサッカーチームはアウェイよりもホームで試合に多く勝つ傾向にあります。審判もホームチームびいきになる傾向があり、イエローカードやレッドカードのほか、ペナルティやファウルを出す回数が少なめです。 ラインアップ 実際のプレーヤーは、試合の結果に自然に不可欠となります。試合前にラインアップを確認すると、試合がどちらの方向に進むのかをかなり教えてくれます。 一方のチームの防御が他の攻撃側に匹敵していたら?怪我をしているプレーヤーはいますか?主要プレーヤーが試合に出場していない、またはチームメートが互いに入れ替わりましたか? フォーメーションとプレイスタイル 当然、チームのフォーメーションとプレイスタイルも試合結果に影響を与えます。 リバプールの前回のプレミアリーグシーズンを例に挙げると、大抵は4-2-3-1 または4-3-3システムを採用しました。このフォーメーションは、計算された力となっているユルゲン・クロップのシグナチャーのカウンタープレスシタイルとのコンビネーションです。 例えば、このプレイのヘビーアタックスタイルは、4-4-2フォーメーションに対して非常に有効です。そのシステムにも独自の強みと弱みがあります。他よりもすばらしい物を掲げているところがあるので、必ず賭ける前に調べましょう。 大会 大会は過去も今後も考慮する重要要因です。過去の試合は、チームの現在の形について多く語り、将来的にどのようにうまく進めるのかを先取りできます。今後の大会も同様に良い指標となります。